chefex

自分で電気製品を作れる?初心者向けの照明や上級者向けのパソコンを紹介


初心者でも照明なら作れる

電気製品は家電量販店で買うものと思われがちですが、自分で作ることもできます。自作の電気製品は、既製品にはないオリジナリティが出せます。電気製品を自作した経験がない場合は、照明から始めてみるのがおすすめです。理由は2つあり、1つは部品が少なく、複雑な工程がないことです。必要になるコードと電球を取り付けるソケットはホームセンターでも買えます。傘のようなシェードもネット通販を利用すれば、さまざまな種類の中から選べます。もう1つの理由は、事故につながる可能性が低いことです。電気製品によっては取り付けの失敗が発火につながる場合があります。照明も事故の可能がゼロではありません。しかし、注意事項を守れば事故につながる可能性は低いため、電気製品作りの初心者に適しています。

上級者になればパソコンも作れる

知識と経験があれば、パソコンを自分で作ることも可能です。パソコンを自分で作るメリットは2つ。1つは、自分の好みのスペックにでき、後で拡張することも簡単です。ディスプレイのサイズや容量、キーボードなど既製品のパソコンに不満がある場合は少なくありません。自作すれば、自分が納得できるパーツを組み合わせた、オリジナルのパソコンが手に入ります。また、使っていくうちに容量が足りなくなった場合でも、自分で作っているなら容量の大きなハードディスクに交換することも、外付けのハードディスクを取り付けることも容易です。もう1つのメリットは、同程度のスペックのパソコンを買うより、費用を抑えられることです。作る工程も楽しむことができる人は、費用を抑えて自分好みにできるパソコン作りが向いているでしょう。

プリント基板実装とは、作成したプリント基板に様々な電子部品を取り付けて、電子回路を形成する事です。部品間の実装距離が近い程制御基板の機能が高まるというのが特徴です。

Previous Article
貸し倉庫を借りるうえで大事な選ぶポイントとは!?